高岳駅・新栄駅から徒歩5分 社本歯科

お気軽にお問い合わせください Tel: 052-931-8148
診療時間:9:00〜13:00 14:00〜19:00 休診日:木曜・日曜・祝日・土曜午後

院長社本の健康コラム


歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

キシリトールでむし歯にならないのですか?

もうすっかりおなじみの言葉になりつつある『キシリトール

 

どんなものかご存知ですか?

 

今回は、キシリトールについてお話します。

 

 

まずは、キシリトールがどんなものなのかをお話しましょう。

 

キシリトールとは、むし歯の原因となる酸を作らない糖アルコールの一種で、シラカバ・カシなどの樹木や植物から作られる天然素材甘味料です。

 

砂糖と同じぐらいの甘さがありますが、カロリーはやや少なめ(砂糖の約75%)で、スッとしたさわやかな清涼感が特徴です。

 

食事をすると、お口の中は細菌のつくる酸などによって酸性になり、歯のカルシウムが溶け出します。

 

これを中和するのが唾液ですが、キシリトールは唾液の働きを助け、歯の再石灰化(溶かされた歯の表面を修復する作用)を促します

 

これは、唾液に含まれるカルシウム・リン酸が歯を強くしてくれるからです。

 

 

では、キシリトールが配合されていれば何でも良いのか・・・というとそういうわけでもないのです。

 

キシリトールの効果を上げるために大切なポイントが3つあります。

 

1.キシリトール50%以上の表示があること。

 

栄養成分表示で、糖質とキシリトールの割合を確認しましょう!(ちなみに、歯科医院で販売されているものはキシリトール100%配合です。)

 

2.シュガーレスの表示がある。(糖類0gを選ぶ)

 

ソルビトール・マルチトール・マンニトールなどは低酸産生性の甘味料です。(ちなみに、キシリトールは無酸産生性の甘味料です。)

 

3.ガムか錠菓(アメ・タブレット状)であること。

 

ソフトキャンディや飲料水ではむし歯予防効果は期待できません。

 

 

むし歯予防に効果的なキシリトールですが、キシリトールを口にしていればむし歯にならないと考えるのは間違いなので、気をつけましょう。

 

なぜなら、歯垢(プラーク)は基本的には歯みがきをしなければ減少しないからです。

 

キシリトールは、あくまでも補助食品として考えましょう。

健康コラム一覧に戻る