高岳駅・新栄駅から徒歩5分 社本歯科

お気軽にお問い合わせください Tel: 052-931-8148
診療時間:9:00〜13:00 14:00〜19:00 休診日:木曜・日曜・祝日・土曜午後

院長社本の健康コラム


歯やお口に関するケア、トラブル解決法をご紹介します。

介護が必要な場合の口腔ケア

突然の病気や事故などで身体の不自由が制限されることは、年齢を問わず誰にでも起こりうる事態です。

 

 

身体に多少の不便があっても自身で歯みがきができる場合や、家族など身近な人が歯みがきをサポートする場合のポイントを紹介します。

 

まず、手に力が入らない時や握力が弱い人。

 

このような人は、歯ブラシの柄を太くして、握りやすくすると良いでしょう。

 

また、タオルなどを巻いて太くしたり、市販の小児用歯ブラシには柄が太い製品があるので、これを利用することもできます。

 

サポートする際は、力を入れ過ぎず、ペンを持つように歯ブラシを持ったほうが、細かな部分もみがきやすいです。

 

よだれが気になるときは、前もってタオルやエプロンを首にかけておきましょう。

 

電動歯ブラシは、手指の運動が困難な人にとってもサポートする側にも、みがく際の疲労を軽減するツールと言えます。

 

 

実は、お口の中には300を超える細菌がいると言われており、これらの菌がたとえば肺に入ることで肺炎を起こすなど、身体の他の臓器に移ると病気を発生することもあります。

 

外傷などとは違い、口の中は見えにくいため忘れられがちな場所ですが、お口の中を清潔に保つことは全身の健康管理にもつながります。

 

 

また、毎日歯ブラシを使うことは、それだけでも手指、腕の運動になります。

 

お口のケアをすることで、リハビリテーション効果も期待できそうですね。

健康コラム一覧に戻る