予防歯科

痛くなくても、悪くなくても、予防のために歯医者さんを利用する!

あなたが「歯医者に行こう!」と思うのは、どんな時でしょうか?

「歯が痛くなったから…」
「歯ぐきが急に腫れたので…」
「歯が黒くなっていて気になった…」

など理由はさまざまだと思いますが、集約すると歯医者に行くのは「悪くなったとき」ではないでしょうか?

しかしながら、「悪くなったから歯科医院に行って治療をする」ということを繰り返していると、歯はどんどん悪くなってしまいます。

私たちだって、来るたびに状態が悪くなってしまった患者さんを診るときほど、辛いことはありません。

ですから、社本歯科では

「悪くなる前に、痛くなる前に」
「悪くなくても、痛くなくても」
「悪くならないように、痛くならないように」

このような目的で歯医者さんに通うという新しい考え方を提案しています。

でも、歯医者は苦手で…

一方で、多くの方たちが歯医者に対する苦手意識をお持ちだということは、私たちもよく分かっているつもりです。

では、いったいなぜ多くの方たちにとって「歯科医院はできれば行きたくない、苦手な場所」と感じられているのでしょうか?

その理由について考えてみると…

  • 歯医者に苦手意識を持っている
  • だから、本当に痛くて我慢できなくなるまで放置する
  • とうとう痛みに耐えかねて、歯科医院へ行く
  • よく分からない歯科医師にいきなり歯を削られる
  • 痛かったら教えてくださいねと言われても本当に痛い
  • 歯医者さんに対する不信感と苦手意識が大きくなる
  • 次に痛くなったときも、できる限り我慢してしまう

きっと、こんな悪循環に陥っているからでしょう。

そして、このサイクルに陥ってしまうと、歯医者に対する苦手意識はどんどん強くなるし、歯も悪くなる一方です。

ただ、この悪循環が生まれてしまうのは、何もあなたばかりが悪いわけではありません。

歯科医師も患者さんが来院されたときに、『歯の病気』の話ばかりして、『歯の病気を治す』ことしかあなたにお話していないかも知れないからです。

そうではなく、もっと『歯とお口の健康』のこともあなたにお話をしていれば、「痛くて我慢できなくなるまで放置する」ことは無かったと思うのです。

私たち歯科医療の専門家から『歯とお口の健康を守ること』についてお話していなければ、あなたが知らなかったとしても何も不思議ではありません。

そう考えてみれば、私たち歯科医師側にも歯医者は苦手と思わせてしまった原因があると思います。

痛くて怖い思いをしないためには?

この悪循環から抜け出す方法はひとつです。

悪い歯を治すために歯医者さんに行くのではなく、健康な歯が悪くならないようにするために、歯医者さんに行くようにすれば良いのです。

例えば、「風邪をひいたかな?」と思えば、近くの内科に行ったり、風邪薬を飲んだり、何らかの予防的な対処をされることでしょう。

あるいは、日頃から体を鍛えて、病気にならないように気をつけている方も数多くいらっしゃると思います。

でも、歯のことはどうでしょうか?

これからは、「歯医者さんは歯が悪くなってから行くところ」という考えを捨てましょう。

どこも悪くないからこそ、歯医者さんに行くのです。

どこも悪くないときに行けば、歯を削られることはありません。

だから、痛い思いも怖い思いもせずにすみます。

これからは、歯医者さんを『歯が悪くないときに、予防のために』利用してください。

予防ってどんなことをするの?

「予防の大切さは分かったけど、歯科医院で行う『予防処置』ってどんなことをするの?」と思う方もいらっしゃることでしょう。

予防処置と言うよりも、歯の『お手入れ』と表現したほうがイメージしやすいかも知れません。

髪が伸びたら美容院や床屋さんに行きますよね?
紫外線から肌を守るためにスキンケアをしますよね?

これらのことと同じように、「歯が汚れる周期に合わせて歯医者さんに通うことを習慣にする」ことが『予防』です。

あなたも、重い病気を未然に防ぐために、1年に1度ぐらいの間隔で健康診断を受けていることでしょう。

車だって、事故を未然に防ぐために車検を受けますよね?

歯とお口の健康も、それと同じことです。

お手入れ(予防処置)は、明るい笑顔の優しい歯科衛生士さんが担当し、専用の道具を使ってケアをしてくれます。

歯ブラシでは取れない歯石や歯垢を落として、ピカピカでツルツルの歯にしてくれます。

痛いことはしませんし、多くの方が苦手と言うキーンというドリルのイヤな音も聞こえません。

マッサージをしてもらっているような気持ち良さと、キレイになったという爽快感があります。

プロのケアを受ければ、歯みがきだけでは取り除けない、むし歯や歯周病の原因を根本から取り除くことができます。

ですから、歯のお手入れをするために歯医者さんに通うことを習慣にすれば、歯のトラブルと無縁の生活を送れるのです。

車が片輪走行できないように…

では、定期的に歯医者に通っていれば、むし歯や歯周病とは無縁の生活を送れるのかと言えば、やはりそれだけでは難しいです。

きちんと予防をしていくためには、

1)毎日のホームケア(ご自身の歯みがき)
2)歯科医院のプロケア(歯科衛生士のケア)

この2つが必要です。

車の両輪と同じで、この2つのどちらが欠けてしまっても、歯とお口の健康を守り続けていくことは難しくなってしまいます。

ですから、お手入れ(予防処置)で来院されたときには、「毎日のホームケアについてのアドバイス」もします。

・あなたの健康状態に合わせた歯ブラシの選び方
・歯みがき粉などのケア用品の選び方
・きちんと汚れを落とすことができる歯のみがき方

など、『毎日のケア』に関するアドバイスもしますので、定期的に通院を続けていくうちに、歯とお口はどんどん健康になっていくのです。

私たちは、『あなたが歯とお口のトラブルで二度と悩むことが無いように、二人三脚で健康を守り続けていくためのパートナー』です。

あなたと私たちとで協力して、歯とお口のトラブルとは無縁の人生を送りましょう!

美味しいものを美味しく食べる

なぜ、私たちが『予防の大切さ』を強く訴えるのか?
その理由は・・・

「美味しいものを美味しく食べられる」
「好きな食べ物を不自由なく食べられる」

いつまでもこのような喜びを感じて欲しいからです。

『食べるということは、人生最大の楽しみ』と言っても、決して言い過ぎではないと思います。

そして、年齢を重ねれば重ねるほど、食事を楽しみとする気持ちは大きくなっていくことでしょう。

・お孫さん、お子さんと会食をするひと時
・気の合う仲間たちと集まる食事会
・大好きな食べ物をおいしく食べている時間

このような時間にこそ、生きていることの喜びや幸せを感じることができるのではないでしょうか?

そして、そういう時間を持つことができることこそ、『豊かな人生』と呼べるものではないでしょうか?

人間が人間らしく『幸せに生きる』ために、食べることを楽しむ時間は欠かせません。

食べるためには、『健康な歯』が必要です。

「あなたが一生涯に渡って、自分の歯で美味しい食事を楽しむことができるように」

あなたの健康で豊かな生活を、私たちがお手伝いさせていただきます!

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ