歯を補う治療

大切な歯を失ってしまった場合には・・・

「歯は何本もあるのだから、別に1本ぐらい無かったとしてもどうってことないでしょ」なんて思ってはいませんか?

むし歯や歯周病などの歯の病気やケガなどによって、歯を失ってしまう可能性は誰にでもあることです。

しかしながら、失ってしまった歯をそのまま放置してしまうことは、決して良いことではありません。

歯を失ったままにするリスク

患者さんから、「部分入れ歯を使うと他の歯が弱ってしまって、総入れ歯の原因になるのでしょ?」という質問をいただくことがあります。

この話は全く根も葉もないウワサ話です。

実際にはその逆で、むしろ「入れ歯を使わないことが総入れ歯の原因になっている」とさえ言えます。

その理由は、次のようなことです。

  • 抜けた歯の部分が空間となり、そのスペースに隣合った健康な歯が傾斜してきて、かみ合わせが乱れる
  • 食べ物をかむ時に、本来は抜けた歯の部分にかかっていた負担を残りの歯で補うため、健康な歯が傷みやすい
  • かみ合わせが乱れることで歯をみがきにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まる

そして、健康を害するリスクは歯とお口の中だけにとどまりません。

  • 食べ物をきちんとかめないことで消化が悪くなり、内臓に負担をかけ、全身の健康にも影響を及ぼす可能性がある
  • 外から見える部分の歯を失うと表情が乱れてしまうことがあり、思いっきり笑えなくなることもある

このように、失った歯をそのままにすることは大きなリスクを抱えることになるのです。

最初は1本だけだったはずなのに、気がついた時には何本も失ってしまった…なんてケースは決して珍しくありません。

もしそんなことになってしまえば、美味しいものを食べることさえ苦労することになってしまいます。

しかしながら、きちんと歯を補う治療をすることによって、前述のようなさまざまなリスクや問題から身を守ることができます。

見た目や機能の問題だけではなく全身の健康のことも考えて、歯を失ってしまった場合には『失ってしまった歯を補う治療』を受けましょう。

歯を補う治療とは?

失ってしまった歯を補う治療の方法は、主に次の3つの選択肢があります。

1 インプラント

インプラント

歯の根の代わりになるボルトを入れる治療法。
周囲の健康な歯を削る必要がないため、周りの歯への負担が少ないことが大きなメリット。

2 入れ歯

入れ歯

義歯をバネや留め具で固定する治療法。
自費治療も含めると選択肢が多く、また調整などのメインテナンスも比較的容易にできる。

3 ブリッジ

ブリッジ

両隣の歯を使って被せ物を入れる治療法。
両隣の歯に固定するため、見た目や使用感の違和感がほとんどない。

ベストな方法はどれですか?

どの方法がベストなのかは、歯とお口の状態はもちろん、あなたのご希望によっても変わってきます。

ですから、それぞれの治療法についてただ説明するのではなく、あなたの状態に応じたメリット・デメリットをきちんと説明するように心がけています。

ただ、私たちは専門家の視点から相談に乗り、アドバイスをすることはできますが、最終的に選択するのはあなたです。

歯科医師が医学的見地から見てどれだけ素晴らしい方法であったとしても、あなたにとって不都合が多い治療法であれば、それはベストな選択になりません。

選択のために必要な情報はきちんと提供しますので、一緒によく話し合って、あなたにとってベストな治療法を探していきたいと思っています。

本質的にベストな方法とは?

歯を失ってしまった場合の治療法は、近年目覚ましく進歩していますし、またこれから先も進歩し続けていく分野だと思います。

しかし、あなたに考えて見て欲しいのは「『永久●●』という治療法が存在するのか?」ということです。

どれだけ技術が進歩しても、『永久インプラント』や『永久ブリッジ』というものは存在していません。

『永久』と呼べるものは、『永久歯』だけなのです。

歯には自己再生能力は無いため、歯を失ってしまったとしたら「機能を補う」ことしかできません。

自分の歯と同じように噛めるとは言っても、それは同じ“ような”感覚が持てるだけで、自分の歯と同じにはなりません。

ですから、本質的には『歯を失わないようにする』ことがベストな方法と言えます。

今このページをご覧になっているあなたは、もしかしたら「歯を失ってしまったので治療しようと考えている」かも知れませんね。

もしかすると、「もう歯を失ってしまっているのに、そんなこと言われても…」と思われるかもしれませんが、まだまだ遅くはありません。

『もうこれ以上はご自身の歯を失わないように』という観点から、失ってしまった歯の治療を考えていくことも、治療法の選択において大切な要素のひとつです。

そして、これからは『もう歯を失わないように』という心構えで、予防のために歯医者さんと付き合っていくこともベストな選択と言えるはずです。

(予防については『予防歯科』の項目もご覧ください。)

私たちは、ただ失った歯とその機能を補う治療ではなく、人生をより豊かに生きるためにベストな治療法を一緒に考えていきたいと思っています。

歯を補う治療の比較

治療方法 メリット デメリット
インプラント
(人工歯根)

  • 自分の歯に限りなく近く、自然に見える。
  • 周りの歯を一切削らなくて良い。
  • 自分の歯と同じような感覚で噛めて、食べ物の味や感触がよく分かる。
  • あごの骨がやせるのを防いでくれる。
  • 歯を抜くのと同じ程度の手術がある。
  • 全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。
入れ歯
  • 一般的な治療で、簡単に治療を受けることができる。
  • 健全な歯をほとんど削らなくて済む。
  • 自費治療も検討できるならば、選択肢は多い。
  • 違和感を覚えることがある。
  • 固い食べ物に苦労することがある。
  • 見た目が良くない場合がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
ブリッジ
  • 費用をかければ見た目の仕上がりは良い。
  • 固定式のため、装着しても違和感がほとんどない。
  • ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
  • 歯の抜けた部分の骨がやせていく場合がある。
  • 口の中が不衛生になりやすい。

各治療方法のメリット

インプラント
(人工歯根)

  • 自分の歯に限りなく近く、自然に見える。
  • 周りの歯を一切削らなくて良い。
  • 自分の歯と同じような感覚で噛めて、食べ物の味や感触がよく分かる。
  • あごの骨がやせるのを防いでくれる。
入れ歯
  • 一般的な治療で、簡単に治療を受けることができる。
  • 健全な歯をほとんど削らなくて済む。
  • 自費治療も検討できるならば、選択肢は多い。
ブリッジ
  • 費用をかければ見た目の仕上がりは良い。
  • 固定式のため、装着しても違和感がほとんどない。

各治療方法のデメリット

インプラント
(人工歯根)

  • 歯を抜くのと同じ程度の手術がある。
  • 全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。
入れ歯
  • 違和感を覚えることがある。
  • 固い食べ物に苦労することがある。
  • 見た目が良くない場合がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
ブリッジ
  • ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
  • 歯の抜けた部分の骨がやせていく場合がある。
  • 口の中が不衛生になりやすい。

インターネット予約

社本歯科清潔で安全な環境づくり

採用情報

健康情報コラム

社本歯科スタッフブログ

バドス研修会

ページの先頭へ